1. ホーム
  2. 食事・フード
  3. ≫14歳の猫の食事で注意していること@脂肪分が控えめのチキンが使われているものを愛用

14歳の猫の食事で注意していること@脂肪分が控えめのチキンが使われているものを愛用

1人暮らしの私は、1匹の猫と暮らしています。名前は、ちぃー。雑種(日本猫らしいです)。女の子でもうすぐ14歳になります。

性格は、人見知り(親や姉妹、他人には寄っていきません)、臆病ですごく甘ったれで、一人でのんびりしているのが好きみたいです。食べ物には、こだわりが強く大きめの粒のドライフードやゼリータイプの缶詰は好きではないようで、すすんで食べてくれません。

好みのものは、走って寄ってきて夢中で食べています。醤油もこだわりがあって、私がお刺身を食べようとお刺身専用の醤油を出すと舐めようと寄ってきます。濃口醤油は、好まないようです。

他にも、パン、お煎餅、ウインナーの肉汁、かっぱえびせんが好きです。ただ、キャットフード以外は、なるべく食べさせないようにしていま。

うちの猫は、食べ物にこだわりがすごくあると私個人は思っているのと、年齢も高齢になったので若いときよりは、更に食事選びには、気をつけるようになりました。

基本的に与えるのはドライフードです

短毛の猫より少し長めの毛なので、毛玉ケアのドライフードや年齢別に作られたもの(ドライフード、缶詰含め)を選んでいます。

また、ドライフードは小粒で、同じ形や色の粒しか入ってないもの以外(粒が同じ形で色も一色のみだとすすんで食べてくれません)を、缶詰は、スープ系で具も小さく砕かれているようなものを探します。

お店に商品のストックが無く、仕方なしにゼリータイプを購入した場合は、自分で煮干の粉末をお湯で溶かして混ぜ、スープタイプのものに近づけて食べさせるようにしています。 

ごはんのあげ方もちょこちょこ食いをする猫なので、ドライフードは、器に山盛りにし※、缶詰は、朝、夜にティースプーンで1~2さじ(1度に食べられる量です)にしています。

※ うちの猫は一気食いは一切しない為、山盛りにしていても食べ過ぎる事がありませんが、食べ過ぎる猫の場合に山盛りにしてはいけません、。

脂肪分が控えめのチキンや魚を使用してフードを与えています

使用している素材は、栄養バランスを考えて野菜を使っているもの、脂肪分を抑える為に鶏ササミや魚を使っているものにしています。そして、お金に余裕があるときは、ロイヤルカナンやアイムス、ピュリナワンなどの少し高額な室内猫用、高齢猫用を買い混ぜる感じです。

通常は、「ねこ元気の毛玉ケア・10歳以上用」と他のメーカーで好んで食べてくれそうなものを買って混ぜています。幼い頃からねこ元気シリーズが好きで、油断すると自分で袋を食いちぎって食べている時

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。