1. ホーム
  2. みんなのにゃんこ
  3. ≫トイレにはまって抜け出せなくなっていた愛猫

トイレにはまって抜け出せなくなっていた愛猫

我が家には、4歳になるチンチラゴールデンのドミちゃんがいます。男の子で、小さい頃は活発そのもの。犬かな?と思うほど暴れまわり、いつもベロを出して「はぁはぁ」するほど、激しく遊んで駆け回っています。

最近だと、大分お兄さんらしくなってきてどっしり、ゆったりした風格。しかし、とってもいばりんぼで皮肉やさんです。すぐにいたずらしてきたり、かまってもらえないと怒ったりします。

でも、本当は怖がりの小心者なので外部からの来客や音には驚いたり、警戒心MAXでウロウロ。私と二人っきりだと、あんなに偉そうにしているのに~という感じです。

そんなドミちゃんのことで、最近びっくりしたことがありました。ドミちゃんはいつも家の中見えないところで大きな声で鳴きます。

普段はただ呼び寄せたいとき、僕ここにいるよ~って自己主張の時にも鳴くので、こちらも「聞こえているよー」と返事を返しています。その日も、「ニャオーン」と鳴いているので、「はいはーい」と返事をしていました。

ちゃんと、返事に返事で返す感じでしばらく「ニャーン」「はーい」って繰り返していたのです(私はTVやら他のことをしていたので)。

探してもどこにもいない猫

しばらくして、ドミちゃんを探してみると、うちのどこにもいない!あれ?っと思い、呼びながら、いつもいそうなところを探しました。しかし、全然みつかりません。

もしやと思ってなんとなく扉を開けたらいました、トイレの中に。

そうか、助けてほしかったのね。気づかないでごめんよ…。ずっと、助けてーって鳴いていたのに、「聞こえているよー」と見当はずれなことを言ってたわけですね^^;

トイレにはまって出られなくなっていた

いつの間にやら、トイレの中にうまく入りこみ、出れなくなっていたよう。どれくらいいたのかな?そんな数時間ではないと思いますが、とてもいい子にお座りしていました。

ごめんねと抱っこした無事保護したのですが、本人は少しむっとした顔つき(さっき呼んだのに…)とやっぱり怒っている。ご機嫌取りにカリカリをすこし上げてみました。

まだまだ、4歳だしこれからも沢山の時間一緒にいられるわけだけど、もっと大きくなればいいな~と思っています。

それに、もっと憎たらしくコミカルにわがままでいていいからねと、すっかりぞっこんです。ずんぐりむっくりしたコビー体系が愛らしい、最近少し肥満気味なので、また運動しなきゃね!ずっとずっと長生きして、毎日元気に一緒に過ごしてほしいです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。