1. ホーム
  2. 健康・病気
  3. ≫猫の牙が折れたらどうする?病院受診の必要性とタイミング

猫の牙が折れたらどうする?病院受診の必要性とタイミング

猫のキバ

猫には上下左右に、犬歯と呼ばれる長い牙が生えています。これは獲物を捕るためには欠かせない歯なのですが、何かの拍子に折れてしまうことがあるのです。

実は我が家の猫も、保護したときからこの犬歯の1本が折れていました。と言っても根元から折れているのではなく、犬歯の先がキレイに折れた状態だったのです。さらによく見ると、折れている方の唇が完全に閉まっておらず、顎が少し歪んでいました。

そこで今回は、ねこの牙が折れる原因と折れたときに受診は必要かどうかをご紹介します。

猫の牙が折れる4つの原因

猫の牙が折れる

猫の牙が折れたら、まずは何が原因だったのかを確認しておきましょう。なぜなら、折れ方によっては受診の必要があるからです。きちんと病院で症状を伝えられるようにしておくと、スムーズに診察を受けることができます。

1.乳歯が生えかわった

猫も乳歯から永久歯に生えかわることをご存知ですか。生後3か月頃から抜け始め、7~8カ月ごろには、完全に生え変わります。この時期に牙が折れていた場合は病院に受診する必要はなく、新しい永久歯が生えてくるのを待ちましょう。

2.歯周病で抜けえた

歯の病気で牙が抜ける場合、最も多いのが歯周病です。歯ぐきから出血する、赤く腫れている、口臭がひどいという場合は歯周病の疑いがあります。初期症状では気が付かないことも多く、日頃から歯のケアを怠らないことが大切です。

3.ケガや事故

猫の牙が折れる原因で一番多いのがケガや事故です。何かにぶつかった、高いところから落ちた、他の猫と喧嘩をしたなどで折れることがあります。我が家の猫も、保護する前に何かに強く歯を打ったことが原因で牙が折れたのではないかとのことでした。

4.破歯細胞性吸収病巣

破歯細胞性吸収病巣は歯の一部が溶け、そこから折れてしまう病気です。エサを食べにくそうにしている、食欲がない、歯肉が腫れているなどの症状が出るのが特徴です。また発症率は高く、純血種で約8割、雑種で約4割ともいわれています。

病院を受診した方が良いケース

病院で治療する猫

牙が折れたことに驚いて、すぐに病院へ連れて行くという飼い主の方もいるはずです。しかし、症状によっては受診の必要がないこともあるのです。では病院を受診した方が良いのはどんなときなのでしょうか?

1.歯の病気が疑われる場合

歯周病、破歯細胞性吸収病巣などの歯の病気が疑われる場合は、早めの受診をしてください。進行が進むと歯が抜けるだけではなく、他の病気も引き起こしてしまいます。日頃から定期的に、猫の歯の健康状態をチェックしておくと良いです。

2.歯ぐきが腫れている、出血している場合

歯の病気以外でも、ケガや事故で牙が折れた場合で歯ぐきが腫れている、出血しているというときは受診をしてください。また、エサを食べにくそうにしている場合も受診が必要です。牙が折れても普段と何も変わらないときは、受診の必要はありません。

3.食欲がない場合

牙が折れても普段通りエサを食べていれば問題はありませんが、食欲がないときは受診をしてください。猫は食欲不振が72時間続くと命の危険もあるため、病院で点滴をして栄養を補充てもらわなくてはいけません。牙が折れたことでエサが食べられない場合は、早めに受診をしましょう。

牙が折れても普段通り食欲がある、歯ぐきの腫れや出血がないというときは、受診の必要はありません。病気以外の原因で牙が折れたときは、受診のタイミングに迷うかもしれませんが、しばらくは猫に変化がないか注意して見てあげることが大切です。

猫も歯のケアは大切

猫の歯磨き

猫の牙が折れても元気であれば問題はありませんが、日頃から口の中のチェックとデンタルケアをしておくことで、健康と長生きにも繋がります。まずは口の中を確認してみてください。

■チェックする項目

  • 口臭はないか
  • 出血がないかどうか
  • 歯ぐきはキレイなピンク色か
  • 歯はグラグラしていないか
  • 歯が変色していないか

チェックに一つでも当てはまれば、歯にトラブルがある可能性があります。気になる場合は、健康診断のときなどに獣医さんに相談してみましょう。また今は何も異常が無くても、油断をすれば歯のトラブルに繋がります。

できれば1週間~2週間に一度、歯磨きをしてあげると効果があります。ただし中には歯磨きを嫌がる子もいるため、日頃から歯ブラシに慣らしておくと良いでしょう。

どうしても歯磨きをさせてくれない場合は、歯磨き専用のスナックや飲み水に混ぜるだけでケアできるグッズも販売されています。飼い猫の性格に応じて選んでみてくださいね。

まとめ

猫の牙が折れたらビックリして、「急いで病院に連れて行かなければ」と思うかもしれませんが、まずは猫の様子を確認してみてください。

何が原因で折れたのか、食欲や出血、腫れがあるかなどをチェックしてから受診を判断しましょう。

我が家の場合、健康診断のときに獣医さんに相談しました。すると「猫の牙は強い衝撃で折れることがある」、「歯の中の神経(歯髄)が表面に出ていないので、放置で問題は無い」、「口がきっちり閉まらなくても、エサが食べられていれば大丈夫」ということを説明してもらい、牙と顎の治療はしていません。

もし受診のタイミングで悩んだら、かかりつけの動物病院に電話で症状を伝え、すぐに病院に連れて行った方がよいのかどうか相談してみるのも方法です。

モグニャン

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。