1. ホーム
  2. 飼い方
  3. ≫猫の名前の付け方@人気の名前や名付けのポイント

猫の名前の付け方@人気の名前や名付けのポイント

猫とキスをする女性

猫を家族に迎えたら、一番初めに考えるのが猫の名前です。昔と違って今ではペットも家族の一員と考えられるため、凝った名前を考える人も少なくはありません。

ちなみに我が家の猫は黒猫のオスですが、名前は「ネオ」と言います。実は私は日本らしい和風の名前を付けたかったのですが、考えた名前はことごとく家族が反対したのです。

みんなで「ああでもない」「こうでもない」と悩んでいたら、たまたま我が家の冷蔵庫を開けた時に目にした食品の商品名。これいいじゃない?と、家族みんなが賛成した名前「ネオ」に決定したのです。

そこで今回は名前を付けるときのポイントと、人気のある猫の名前ランキングをご紹介いたします。これから猫を飼いたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

猫の名づけで気を付けたい2つのポイント

うちの飼い猫

猫にかわいい名前を付けたら、猫にもその名前を覚えてほしいと思いますよね。そこで名前を付けるときにどんな名前を付けると良いのか、ポイントを押さえておいてください。

1.シンプルな名前程覚えやすい

猫に名前を付けるとき、できれば他の猫の名前と同じではないものを選びたいと思う人もいることでしょう。人間のように名前の届け出が必要というわけではないため、猫にどんな名前を付けても問題はありません。

しかし猫に自分の名前を覚えてもらいたいと思ったら、できるだけ短く2~3文字のものが理想です。猫は自分の名前を音の並びとして理解していると言われています。そのため猫に名前を付けなくても、「鈴を鳴らす」「口笛を吹く」などでも「自分が呼ばれている」と認識してくれるのです。

とはいえ、やはり猫にも名前を付けてあげた方が愛着もわいて呼びやすいですよね。家族みんなが呼びやすく、短めの名前にすると猫もすぐに自分の名前を理解してくれるでしょう。

2.多頭飼いの場合は違う響きの名前がおすすめ

猫を多頭飼いする場合、できれば違う響きの名前がおすすめです。例えば「リン」「ラン」など同じ響きに名前にすると、音の並びとして自分の名前を理解している猫には区別がつかず混乱してしまいます。

多頭飼いで猫の名前をつけるときは、それぞれ響きの違う名前を付けて、1匹ずつきちんと名前を呼んであげるのがポイントです。

名前のヒントになるものから選んでみる

ダンボールに入る猫

猫の名前を考えるとき、なかなか良い名前が見つからないということもあるはずです。そこで、名前をつけるヒントをご紹介します。

1.食べ物から名前を考える

最近では食べ物の名前の猫も増えてきました。「チョコ」「ココア」「ぷりん」「マロン」などです。名前の響きがかわいらしく、人気があります。

ちょっと変わった食べ物では「はんぺん」「白玉」という和風の食べものの名前を付ける人も。我が家の猫もマーガリンの「ネオ・ソフト」から名前を付けました。

2.猫の模様や特徴から名前を考える

猫の模様や特徴から名前を考える方も多くいます。毛の色から「クロ」「ミケ」「ちゃあ」や、猫の鳴き声から「ミー」「ニャー」「ピイ」などです。

名前の由来が見た目なので、誰にでも覚えてもらいやすい名前を付けたいときにおすすめです。ちなみに、実家の猫は猫の模様や毛色から名前を付けています。

3.季節にちなんだ名前

季節にちなんだ名前も考えやすいはずです。家に迎えたのが春だから「モモ」「さくら」、冬なら「ユキ」「イブ」「ふく」などです。

日本らしい和風な名前を考えたいなら、季節にちなんだ名前を選んでみるのもよいかもしれません。

4.キャラクターの名前

好きなアニメのキャラクターの名前を猫につける人も少なくありません。キャラクターと猫がそっくりだから、単にそのキャラクターが大好きだからなど理由は様々。

もちろん、猫のキャラクター以外からも名前を付ける人もいるはずです。猫の名前に迷ったら、大好きなキャラクターから名前を考えてみるのも方法です。

猫の名前ランキング

兄弟猫

では、実際に猫を飼っている人はどんな名前を猫に付けているのでしょうか。オス、メスそれぞれの名前ランキングを見てみましょう。

■オス猫の名前ランキング

  • 1位 レオ
  • 2位 ソラ
  • 3位 コタロウ
  • 4位 レオン
  • 5位 フク
  • 6位 コテツ
  • 7位 マロン
  • 8位 マル
  • 9位 ハル
  • 10位 ココ

■メス猫の名前ランキング

  • 1位 モモ
  • 2位 ハナ
  • 3位 ココ
  • 4位 リン
  • 5位 ルナ
  • 6位 メイ
  • 7位 サクラ
  • 8位 キナコ
  • 8位 ナナ
  • 10位 ヒメ
  • 10位 ミミ

【参照】アニコム損害保険株式会社・第12回猫の名前ランキング2016

こうしてみると、猫の名前も昔に比べるとオシャレな名前が増えました。「ミー」「ミケ」「たま」などと、以前は定番だった名前は今では付ける飼い主も少なくなってきました。

まとめ

猫の名前を付けるとき、どんな名前を付けようか悩む人も多いのではないでしょうか。我が家でも猫の名前を考える時は家族みんなで「これがいい、あれがいい」とかなり頭を悩ませたものです。

まずは、猫にどんな名前がいいかいくつかピックアップしてみると良いかもしれません。そのかなで家族みんなが呼びやすい名前、猫が覚えやすい名前を付けてあげましょう。

我が家の猫は保護猫ですが、「ネオ」という名前はすぐに覚えてくれ、今では名前を呼ぶと「ニャー」と鳴きながら駆け寄ってきてくれます。今回ご紹介した名づけのポイントを参考に、とっておきの名前を付けてあげてくださいね。

モグニャン

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。