1. ホーム
  2. 飼い方
  3. ≫猫が飼えなくなったらどうしたらいい?私たちが猫のためにできること

猫が飼えなくなったらどうしたらいい?私たちが猫のためにできること

今では犬を飼う人よりも猫を飼う人の方が多くなっています。犬よりも飼いやすく、室内で飼える猫はブームとともに飼育数が増えてきました。中には多頭飼いをしている人も少なくはありません。

猫を迎えるときは「一生きちんと飼おう」と思っていても、時としてライフスタイルの変化で猫を飼えなくなることもあるかもしれません。万が一、猫が飼えなくなったら私たち飼い主はいったいどうしたらよいのでしょうか。そこで今回は、猫が飼えなくなったときに猫のためにできることを考えてみませんか。

里親を探そう

どんな理由があれ家族に迎えたからには、猫が生涯生活できることを保証してあげなければなりません。そのため猫が飼えなくなったと分かったら、きちんと誰かに世話をしてもらえるように準備をする必要があります。

身内や知人にお願いする

まずは、自分の周りで猫をお世話してもらえる人がいないか探してみてください。身内や知人などに声をかけてみましょう。知り合いや身内であれば全く知らない人に託す不安もありません。

その場合、猫の飼育を丸投げするのではなく、飼育費用の一部を負担するなど両者が納得いく形で話し合いを進めるようにすることが大切です。

市や愛護センターに相談する

近年、多くの市町村で犬猫の殺処分ゼロを目指す自治体が増えてきました。

そのため、地域によっては市や愛護センターなどで譲渡のサポートをしてもらえることがあります。市の犬猫譲渡会などもあるため、役所や愛護センターに問い合わせてみるのも方法です。

インターネットを使って里親を探す

周りに猫を引き取ってくれる人がいない、市町村で聞いても「自分で里親を見つけてください」と言われた…。多くの人が直面する問題です。そんな時は、インターネットを使って里親を探しましょう。

譲渡地域も広がり、閲覧している人も多岐にわたるため、知人などを当たるよりも里親が見つかる可能性が高くなります。

里親が見つからなかったら

里親を探したけれども里親が見つからないというときは、専門のホームに預かってもらう方法があります。転勤で猫が飼えなくなった、高齢で施設に入所する、猫アレルギーで猫を飼い続けることができなくなった…。

そんな猫ちゃんたちを生涯飼育してもらえるのが猫永年預かり施設です。猫ちゃんは狭いゲージでの生活ではなく、部屋でのびのびと過ごすことができます。もちろん、猫ちゃんに会いに行くことも可能です。猫の所有権は飼い主にあるため、他の人に譲渡されることはありません。

また、現地まで猫を届けることができないというときは迎えに来てもらえることができます。お迎えは別途費用が掛かるので、各施設のホームぺージで確認してください。

■猫の永年預かり施設


また老猫のばあい老猫ホームに預けることもできます。費用は年齢によっても異なりますが、終身でお願いする場合約100万円前後の費用です。もちろん、施設によってサービスや料金が異なるので、事前にきちんと調べておきましょう。

殺処分の現実を知ろう

猫が飼えなくなったときは、責任をもって飼育を引き継いでくれる人を探す必要があります。

しかし、中には新しい飼い主が見つからないからと保健所にお願いしようと思う人もいるかもしれません。では、保健所に持ち込まれた猫達はどうなるのでしょうか。

保健所に持ち込むということ

保健所に持ち込まれた犬や猫の多くは殺処分されてしまいます。中には運よく里親が決まることもあるかもしれませんが、100匹いて1匹引き取られるかどうかの確率です。

ほとんどの子が暗い部屋の中で死を待つ運命になります。保健所に持ち込むということは、その子の命を奪うということです。

保健所も簡単には引き取ってもらえないことも

現在、多くの地域で犬猫の殺処分ゼロを目指すために努力しています。そのため、以前よりも引き取り条件が厳しくなっているのも事実です。

猫の年齢や病気などを理由では引き取ってもらえません。(動物の愛護及び管理に関する法律施行規則第21条の2)もう一度飼育ができないかどうか、里親を探せないかどうかを考えてみてください。
【参考】飼い猫が10歳を超えら終活を考えよう【医療・葬儀・埋葬】

だからと言って放棄もダメ

里親も見つからない、保健所に連れて行くのはかわいそう…。だからと言って、捨てるという選択肢も違法です。

猫を捨てると100円以下の罰金になることもあります。さらに、今まで飼い猫だった猫が外で生活ができるはずがありません。不幸な猫を増やすだけです。

まとめ

色々な理由から猫を手放さなければならないというときは、必ず新しい飼い主を見つけてあげてください。万が一、新しい飼い主が見つからないというときは、飼い主が責任をもって飼い続ける方法を考えるか、生涯飼育をお願いできる施設に預けるなどの方法を選択しましょう。

もちろん、一番大切なのは猫を飼うときにきちんと生涯飼育ができるかどうかを考えて飼うことが大切です。もう一度、ペットの命を預かる重大さを考え直してみてください。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。