1. ホーム
  2. 飼い方
  3. ≫猫と車を守る『猫バンバン』@エンジンをかける前に確かめよう

猫と車を守る『猫バンバン』@エンジンをかける前に確かめよう

ボンネットに入る猫

本格的な冬がやってきました。皆さんの中にはこたつから出るのが億劫になり、「こたつむり」になっている人も多いのではないでしょうか。猫も寒い季節は、少しでも暖かい場所を見つけて昼寝をしているはずです。

暖かい場所が好きなのは飼い猫だけではなく、野良猫も同じ。日々過酷な生活をしている彼らは、安全で温かい場所を求めて寝床にします。ときには、私たちが予想もつかい場所でくつろいでいることもあるのです。その一つが車のエンジンルーム。

特に冬の季節は、猫がボンネットの中に入り込むトラブルが急増する季節です。そこで今回は、猫と車を守るための『猫バンバン』をご紹介いたします。

なぜ猫がボンネットの中に入るの?

ボンネット

車のボンネットの中は、野良猫にとっては絶好の寝床になることを知っていますか。まずは猫がボンネットの中を好む理由をご紹介いたします。

暖かさを求めて

寒くなると、猫は少しでも暖かい場所を選んで寒さをしのごうとします。そのため、雨風や寒さをしのげる車のエンジンルームは、猫にとってはとても良い場所になるのです。

また、車を動かした後はエンジンが温まっています。以前にエンジンルームに入って「ここは安全で暖かい場所」と猫が認識すると、再びエンジンルームに入り込んでしまうこともあるので注意してください。

狭い場所が好き

猫は狭い場所が大好きです。段ボールの中や、紙袋など自分の身体よりも小さい物の中にも入ろうとしますよね。エンジンルームの中は狭く、猫が好む空間です。好奇心からエンジンルームの中に入ったら、思いのほか居心地がよくなったということもあるようです。

暗い場所が好き

狭い場所と同じくらい、猫は暗い場所も大好きです。猫が暗い場所を好む理由には「獲物が隠れている可能性がある」「外敵から身を守るため」「光に敏感な目を守るため」などが挙げられます。狭くて暗い場所は本能的に、「ここなら安全」と感じているからなのではないでしょうか。

『猫バンバン』とはなに?

タイヤにいる猫

『猫バンバン』は、エンジンルームに入り込んだ猫と車を守るために、エンジンをかける前にボンネットを「バンバン」と叩いて猫を外に出すことです。もし気が付かずにエンジンをかけてしまったら、猫の命を奪うだけでなく車の故障にも繋がります。

実際にJAFでも冬の期間、猫に関する出動も多くなるようです。中には車のボンネットをバンバン叩きたくないという人もいるかもしれませんが、そのときはドアを強く何度か開け閉めしてみて、大きな音と衝撃を与えてみてください。

また『日産』では、冬のシーズンに『猫バンバンプロジェクト』をおこなっています。このプロジェクトは、猫と人が安心して暮らせる社会を目指して、2年前より始められました。

一人でも多くのドライバーに『猫バンバンプロジェクト』を知ってもおうと、定期的にニュースや情報を発信しています。さらにツイッター、フェイスブックでのシェアも皆さんにお願いしています。詳しく『日産』のHPを確認してみてください。

【参考】のる前に猫バンバン

『猫バンバン』ステッカーを作ってみよう

『猫バンバンプロジェクト』をおこなっている『日産』では、かわいい猫のステッカーを今年も10000名に無料で配布しました。残念ながら、今シーズンのステッカー希望の募集は終了となりましたが、実は個人でも作ることができるのです。そこで、実際にステッカーの作り方をご紹介いたします。

1.ステッカーのデータをダウンロードする。前述した『日産』の猫バンバンプロジェクトの公式HPより無料でダウンロードできます。ダウンロードができたら、右クリックをして「名前を付けて保存」で、画像を保存してください。

ステッカーのデータ

2.色やサイズを加工します。もちろん、そのままでもOKです。加工をおこなったら、一度普通紙に印刷して確認することをおすすめします。

ステッカー

3.ステッカー用の用紙に印刷をおこないます。今回はシールタイプのものを選んでみましたが、マグネットタイプのものもあるので好きなものを選んでみてください。

猫バンバンステッカー

4.ステッカー用紙に印刷をしたら、防水フィルムを貼り合わせます。貼り合わせる前に、クリップで留めておくと、ずれを防ぐことができます。フィルムは空気が入らないように、定規などで空気を抜きながらゆっくり張り合わせてください。

猫バンバン

5.ていねいにステッカーを切り抜いたら完成です。ステッカーの作り方は、購入した『ステッカー用紙』の中にも作り方が同封されています。用紙によっては作り方が異なることがあるため、事前に確認してください。

出来上がったステッカーは、車に貼っておくと意識確認にも繋がります。またステッカーを車に貼ることで、他のドライバーにも『猫バンバン』プロジェクトを知ってもらう良い機会になるかもしれません。

まとめ

猫は狭くて暗い場所が大好きです。外で生活している野良猫は、常に安全な暖かい場所をもとめて移動します。今まで一度でも車の周りで猫を見かけたことがあれば、エンジンルームに入り込んでいる可能性もあるのです。

中には『猫バンバン』をおこなっても、出てこない子もいます。特に子猫の場合、ボンネットを叩いた音にびっくりして、固まってしまうことも珍しくはありません。

ボンネットの中で、猫の鳴き声が聞こえないかも重要な手掛かりになります。またボンネットの中だけでなく、車の下やタイヤの上にも猫が居る可能性があるので、念のために車の下も覗いてみましょう。周りもきちんと確認してからエンジンをかけてくださいね。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。