1. ホーム
  2. キャットフードレビュー
  3. ≫モグニャンとカナガンの比較@2つのフードを約1年試した愛猫家が解説

モグニャンとカナガンの比較@2つのフードを約1年試した愛猫家が解説

モグニャンとカナガンの比較

『モグニャンキャットフード』を食べ始めて11か月が経ちました。毎日のご飯タイムを待ちわびている我が家の3ニャンたち。フードを器に入れる音を聞くと、3匹とも走ってきます。

今回は11カ月たった我が家の猫たちの様子と、以前食べていた『カナガンキャットフード』の比較も合わせて紹介します。

モグニャンキャットフードで毛並みがフワフワ

モグニャンとカナガンの比較

最近、以前にもまして食欲が増してきた我が家のニャンコたち。ご飯を食べた後も、「まだ足りない」と催促されることもあります。特にメス猫は、一番小柄なのにお腹周りのポッチャリ度は他の猫よりも勝っているくらいです。

そんな我が家のニャンコたち、冬になり毛並みは以前よりもフワフワのモフモフになりました。白黒ハチワレは黒毛が艶々、白毛は真っ白です。白灰ハチワレは長毛な毛がフワフワで、一番触り心地が良くなっています。

さらに先住の黒猫は現在7歳ですが、まだまだきれいな毛並みをしています。実家で飼っている猫達と比べると、見た目も触り心地も我が家のニャンコたちの方がとても良いです。もちろん体臭もありません。あまりの触り心地の良さに、寝ている猫の背中に顔をスリスリしてしまいます。

以前、カナガンキャットフードを与えていたのですが、そのころも食べ始めて数カ月で毛並みの変化が見られました。しかし、それ以上に今の方が毛並みもキレイになったように思います。

もしかすると、吐き戻しが無くなったことでしっかりと栄養が取れているからかもしれません。さらに、モグニャンの主原料に使われている白身魚には被毛の主成分である「ケラチン(動物性タンパク質)」が豊富に含まれています。また、サーモンオイルは脂肪分は皮膚や毛に潤いを与え保護する効果があるので、食べ続けることで毛並みの変化が見られることはとてもうれしいことです。

スポンサーリンク

『カナガンキャットフード』と『モグニャンキャットフード』とを徹底比較

モグニャンとカナガンの比較

我が家では以前、『カナガンキャットフード』を約1年にわたり猫に与えていました。

フードは良かったのですが、今と比べると吐き戻しが多く現在の『モグニャンキャットフード』に変更しました。今のフードにしてからは吐き戻しもほとんどありません。

我が家の猫には『モグニャンキャットフード』の方が合っていたように思います。とは言え『カナガンキャットフード』も良いフードです。そこで、2つのフードを与えてどうだったかを比較してみました。

■モグニャンとカナガンの比較表
モグニャンとカナガンとの比較

どちらのフードも同じ価格です。原料に穀物が使われていないこと、添加物も使用されていないことはとても高く評価できます。大きな違いは主原料と粒の大きさです。

モグニャンキャットフードの方が粒は小さいため、吐きもどしが多い猫ちゃんにはおすすめ。
【参考】モグニャンキャットフードの口コミ@愛猫に実際に食べさせた感想

一方、カナガンキャットフードはモグニャンキャットフードよりも粒が大きいので、吐きやすかったのかもしれません。さらに、匂いがきついので吐いた後はかなりの匂いが残りました。

『モグニャンキャットフード』も『カナガンキャットフード』も同じ会社が販売しています。どっちのフードが良いか迷ったら、それぞれ1袋ずつ購入することもできるので検討してみてください。組み合わせ購入も可能です。

まとめ

我が家の猫達もモリモリ食べてくれている『モグニャンキャットフード』。味に少し飽きてきたら他のフードを少し混ぜて与えるものの、今でも好んで食べてくれています。

毛並みも良く、7歳の愛猫は今でも大きな病気をすることなく元気です。1歳半の兄妹猫達もモリモリ食べて、以前よりもポッチャリ体型になってきました。

吐き戻しが多い猫ちゃんや、毛並みを良くしたい、安全なフードを選びたいと思ったら、一度『モグニャンキャットフード』を試してみてください。

モグニャンキャットフードをお得に購入する方法

モグニャン

モグニャンキャットフードは次の公式サイトから注文すれば、最大20%オフの特別価格で購入することできます。賢くお得にモグニャンを手に入れたい方は、チェックしてみてください。

※ こちら(↑)の公式サイトで獣医から見たモグニャンの評価も見ることができます。

スポンサーリンク

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。