1. ホーム
  2. しつけ
  3. ≫猫のトイレはどうやってしつける?トイレトレーニングを始め方

猫のトイレはどうやってしつける?トイレトレーニングを始め方

トイレをする猫

猫は気ままな動物です。犬とは違って何か芸を覚えるわけでもなければ、自由気ままに生活をしている猫たち。「猫にしつけなんてできるはずがない」と思う飼い主の方も多いのではないでしょうか。

しかし、猫を飼うとなれば最低限のしつけはやはり必要です。中でもトイレのしつけはきちんとしなければ、後々私たち飼い主が困ることになります。

そこで今回は、猫のトイレトレーニングの方法をご紹介いたします。これから猫を飼いたいと思っている方はもちろんのこと、現在子猫を飼育中の方もぜひ参考にしてみてください。

猫が好むトイレを選ぼう

トイレから顔を出す猫

猫が室内で飼いやすい理由の一つに、一度トイレを覚えると同じ場所で排泄をしてくれるという点が挙げられます。そのためには、最初にトイレのトレーニングをしっかりしておくことが大切です。まずは猫が好むトイレを選ぶことから始めてみましょう。

子猫で一からトイレトレーニングを始めるなら、飼い主のライフスタイルから猫のトイレと砂を選ぶことが可能です。しかしある程度大きくなった猫の場合は、トイレや砂にこだわりを持つ猫ちゃんもいます。

せっかく用意したのに、トイレや砂が気に入らずに粗相をすることもあるので注意してください。ちなみに我が家の猫は保護したときにはすでに成猫でしたが、トイレ・砂の種類へのこだわりはありませんでした。

しかし実家の保護猫は、今まで外でトイレをしていた影響からか、チップタイプの砂は嫌がり『鉱物系』の砂を好みました。トイレや砂にこだわりがある猫ちゃんだと、途中でトイレの種類を変えることは難しくなるので注意してください。

もし誰かから猫を譲ってもらうなら、そこのお家で使っていたトイレと同じ種類のものを選んであげると、スムーズにトイレも覚えてくれるはずです。また子猫の場合、市販のトイレでは大きすぎて自分では入れないことがあります。子猫用のトイレや、高さがあまりない箱で代用してみるのも方法です。

猫のトイレの置き場所にも気を付けよう

トイレをする猫

トイレトレーニングを始める前に、トイレを置く位置も問題が無いか確認をしてみてください。トイレを置く位置が猫にとって落ち着かない場所だと、うまくトイレに入ってくれません。

それどころか、他の場所で粗相をしてしまう原因にもなるのです。では、どんな場所にトイレを置くと良いのでしょうか。

■トイレを置くのにおすすめの場所

  • 安心して排泄できる静かな場所
  • 掃除をしやすい場所
  • 夏は風通しがよく涼しく、冬は暖かい場所
  • 食事場所とトイレが近すぎない場所
  • 音やニオイの少ない場所

猫がトイレを好む場所の一番は、やはり静かな場所です。安心してトイレに入ることができると、猫もすぐにその場所を覚えてくれます。

反対に人間が良く通る場所や、家電などの大きな音がする場所の近くは猫も落ち着きません。さらにトイレの場所をコロコロと変えるのも、猫にはストレスになるため控えるようにしましょう。静かな場所で、トイレの掃除もしやすい場所を選んでトイレを設置してくださいね。

猫のトイレトレーニング方法

トイレにいる猫

トイレトレーニングで大切なことは、まずは猫のおしっこやうんちのサインを見逃さないようにすることです。子どものトレイトレーニングとは違って、猫は言葉でトイレを教えてはくれません。

床のにおいを嗅ぎながらウロウロし、砂をかくように床をひっかくような仕草をみせたらトイレの合図です。そっとトイレまで連れて行ってあげてください。慌てて走り寄ってしまうと猫もびっくりして逃げてしまうので、慌てずにそっとですよ。上手にトイレで出来たら誉めてあげてください。

■トイレトレーニングの3ステップ

  • 1.トイレのサインを見る
  • 2.そっとトイレまで連れて行く
  • 3.上手にできたら褒める

1~3までを何度か繰り返すことで猫はトイレの場所を覚えます。我が家の猫は1回でトイレの場所を覚えましたが、以前飼っていた子猫の場合は何度も繰り返しトイレに連れていき覚えさせました。

子猫の場合は、成猫よりも根気よく繰り返す必要があります。また、トイレに猫の匂いを残すのも方法です。

猫がトイレに失敗したときの対処方法

猫2匹とトイレットペーパー

猫のトイレトレーニングもすぐにトイレを覚える子もいれば、なかなか覚えない子もいます。もちろん失敗もするかもしれません。猫がトイレを失敗しても決して怒らないようにしてあげてください。

子どものトイレトレーニングと同じで、失敗して飼い主が怒ってしまうと「トイレに行くことは怖い」と認識し、粗相を繰り返してしまう可能性が高くなります。トイレ以外の場所で粗相をしたら、においが残らないようにキレイに掃除しましょう。

その後にトイレに連れて行き、「ここがトイレだよ」と教えてあげます。怒らず根気よくトイレトレーニングを続けることが大切です。

まとめ

猫は一度トイレを覚えると、あとは同じ場所でしてくれます。成猫の場合ならそれほど時間もかからず、スムーズにトレイの場所を覚えてくれることも多いでしょう。

しかし子猫の場合は根気よく覚えさせる必要があります。まずは猫に合ったトイレと砂を選んだら、置く場所を決めてトレーニングを開始してみてください。中にはトイレを覚えたにもかかわらず、ある日突然粗相をするということもあるかもしれません。

そんなときはトイレの場所を見直してみてくださいね。猫のトレイトレーニングは子ども同じで、失敗しても怒らずに繰り返すことが大切です。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。