1. ホーム
  2. おでかけ
  3. ≫猫と一緒に旅行する方法@準備や注意点を解説

猫と一緒に旅行する方法@準備や注意点を解説

海を眺める猫

年末・年始、旅行や帰省をする人も多いのではないでしょうか。しかしペットを飼っていると、家を空けられる期間が限られてしまいますよね。もちろん短期間であれば猫にお留守番をしてもらうことも可能です。

しかし、ペットだけを家に置いておくのは心配だから、一緒に連れて行きたいと思う飼い主の方もいるはずです。

そこで今回は愛猫と一緒に旅行は可能かどうか、さらに旅行に連れて行く時の準備と注意点をご紹介いたします。旅行や帰省を検討している方は参考にしてみてください。

猫と一緒に旅行はできる?

猫

「犬は人に付き、猫は家に付く」という言葉があるように、猫は環境の変化に敏感な動物です。家の模様替えや引っ越しでストレスになる猫ちゃんも多く、「病院に連れて行くのも一苦労」と感じる飼い主の方も少なくはありません。そんな環境に敏感な猫と、旅行が一緒にできるのでしょうか。

猫と旅行に行けるかは猫ちゃんの性格にも大きく左右されますが、きちんと準備をすれば連れて行くことは可能です。もちろん、いきなり長時間の長旅は猫にも負担がかかります。まずは近場のドライブなどで慣らしてみてください。もし、猫が嫌がるなら無理は禁物です。その時は諦めて、猫にお留守番をしてもいましょう。

猫と旅行をするための準備をしよう

ケースに入れる猫

猫と旅をするためには、まずは猫にキャリーバッグや車に慣れてもらわなければなりません。そこで出発前になって慌てないために、事前に旅行をするための準備をしておいてください。

キャリーバッグやケージに慣らしておく

猫と旅行に出かけるときには、必ずキャリーバッグやケージに入る必要があります。車での移動だからと、キャリーバッグやゲージに入れないまま猫を車に乗せるのは危険です。運転中の妨げになるだけでなく、ドアの開け閉めで飛び出してしまうこともあります。

旅行だけでなく、病院などの外出時にもキャリーバッグやゲージは必要となるので、日頃から少しずつ慣らしておいてくださいね。

ハーネスとリードに慣らしておく

キャリーバッグやケージに猫を入れただけでは安心はできません。ハーネスとリードも着用するようにしてください。首輪にリードを付けることもできますが、猫が暴れたときに首輪だとすぐに抜けてしまいます。

ハーネスを付けて、リードが猫の体から離れないようにしておきましょう。出かけるときに初めてハーネスを付けると猫も嫌がるので、あらかじめハーネスをつけて様子を見ておいてください。リードも付けて、部屋の中で散歩の練習をしてみるのもよいかもしれません。

車に乗せてみる

キャリーバッグに慣れたら、次は車に乗せる練習です。猫もいきなりの長旅はストレスになるので、まずは短時間のドライブから慣らしてみてください。キャリーバッグを車に乗せたら、途中で落ちないようにシートベルトで固定します。

エンジンの音、車の振動から慣らして、5分程度のドライブからスタートしましょう。猫の様子を見ながら、少しずつ車に慣らすのがポイントです。

持ち物の準備をする

猫とサングラス

猫に必要なものを忘れていないかもチェックが必要です。

■おでかけに必要な物

  • キャリーバック
  • ハーネスとリード(迷子札を付けておく)
  • キャットフード、食器
  • 猫用トイレ
  • シリンジ(針の無い注射器)
  • ビニール袋
  • タオル
  • 猫のお気に入りの毛布など

その他、必要なものは事前にまとめておいてくださいね。

猫と旅行をするときの注意点

ハーネスを付ける猫

猫とお出かけをする場合、車以外にも公共の交通機関を使うこともあるはずです。おでかけは必ずキャリーバッグやゲージに猫を入れること。念のためハーネスにリードを付けて、リードの先はゲージやキャリーバッグにくくっておくと安心です。

もちろん車の移動の時も同じです。車内で猫をキャリーバッグから出してしまうと、突然ブレーキ下にもぐりこんでしまってブレーキが踏めなくなったり、シートの隙間などに入って出てこなくなったりすることも考えられます。

安全のために少し狭くても、猫ちゃんにはキャリーバッグの中で我慢してもらってください。トイレは数時間であれば問題はありませんが、念のためペット用シートを敷いておくと安心です。

また、中には長時間の乗り物で車酔いをする猫もいます。エサは出発前ぎりぎりに与えるのではなく、早めに与えて調節してくださいね。

■猫と旅行するときの注意点まとめ

  • 出発前にたくさん食べさせない
  • 移動中はキャリーバッグやケージの中で
  • 車の移動では休憩はこまめに取る
  • 移動中の食事や水は猫の様子をみて与える
  • 念のためペットシートを敷いておく

まとめ

猫は犬とは違って一緒におでかけすることが難しい動物です。とはいえ、中には飼い主とのおでかけを好む猫もいます。

猫の性格によりますが、成猫になってからではなかなか環境の変化に対応することは難しいため、子猫のうちからおでかけに慣らしておくとよいかもしれません。

どうしても猫が暴れて「旅行には連れて行けない」という場合は、一緒に連れて行くことを諦めて、お留守番をしてもらうことも考えてみてください。

2泊3日程度であれば、猫はお留守番が可能です。もしそれ以上家を空ける場合なら、ペットシッターやホテルを検討してみるのも良いかもしれません。安全に猫と旅行をするためにも、事前の準備は万全にしておきましょう。

【参考】猫のお留守番は何日なら大丈夫?留守番の準備と注意点

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。