1. ホーム
  2. 健康・病気
  3. ≫愛猫がストルバイト尿石症になった体験談@症状や治療方法

愛猫がストルバイト尿石症になった体験談@症状や治療方法

私が一緒に暮らしているネコは、3歳の黒猫の男の子でれんです。体格が良く、ヒモにじゃれて遊ぶことが大好きです。

そんな元気いっぱいのれんでしたが、2015年12月21日に血尿と少量頻回の尿、尿のしぶりなどの症状が現れました。

獣医からストルバイト尿石症だと診断された

翌日、採取した尿を持って病院に行ったところ、ストルバイト尿石症との診断。ストルバイト尿石症とは、イヌとネコ共に最も多く、膀胱や尿道に結石ができてしまう疾患です。

この日は、膀胱に尿が溜まっていなかったので、薬と療法食のサンプルをもらい、5日後の26日にエコー検査をすることになりました。

さっそく、薬と療法食をあげると、症状が大きく改善し、目視での血尿、少量頻回の尿、尿のしぶりがなくなりました。

5日後のエコー検査で症状が改善していることを確認

26日にエコー検査をしたところ、膀胱などに結石は見つからなかったので、結石にはなっておらず、結晶の段階であったため、症状もすぐに改善されたのだろうとのこと。

それ以降はは療法食を続けながら、2~3ヶ月に1度尿検査を行い、様子を見ることになったのです。

そして、エコー検査から約2ヶ月後の3月2日、尿検査を行いました。結果は、少し血液があるが、ストルバイトの結晶は確認されなかったです。

このとき、採尿し病院に行きたかったのですが、どうしても採尿することができず、病院でカテーテルを使い採尿してもらいました。れんはとても嫌だったようで、怒ってしまい、かわいそうなことをしてしまいました。

次回からは、採尿シートなどを使い、必ず尿を採取してから病院に行きたいと思います。

ストルバイト尿石症の治療方法

ストルバイト尿石症で大切なことは、水をたくさん飲まし、尿を長時間膀胱に溜めず、排泄してもらうことです。そのため、療法食には塩分を多く添加されているものが多くなっています。

また、カルシウム、リン、マグネシウムの量が制限されており、そのおかげで尿を酸性にし、結石ができにくいようになるわけです。

療法食は、獣医さんと相談したところ、塩分が多すぎるのも気になっていたので、療法食の中でも塩分が少ないものを選択しました。

また、排泄を促すために、トイレも工夫しました。ネコは汚れているトイレでは、排泄を我慢してしまうこともあるため、できるだけトイレをきれいに保つようにしまいた。さらに、トイレの設置場所も増やし、いつでも快適に排泄できる環境を整えました。

また、れんは体格が良く、少し肥満気味です。肥満も尿石症のリスクになることがあるため、ダイエットにも取り組んでいきます。れんがストルバイト尿石症を再発せず、少しでも快適に過ごせるよう、できることをしていきたいです。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。