1. ホーム
  2. 健康・病気
  3. ≫嫌がる猫に薬を飲ませる方法@錠剤・液体のタイプ別に飲ませるコツを解説

嫌がる猫に薬を飲ませる方法@錠剤・液体のタイプ別に飲ませるコツを解説

薬

猫を病院に連れて行くのは大変と思う飼い主の方も多いはずです。暴れる猫をゲージに入れてようやく病院で診察してもらったと思ったら、次は処方された薬を家で飲ませるのに一苦労…なんてことありますよね。

人間でも苦い薬を飲むのは嫌なものです。だからと言って出された薬を飲まなければ、いつまでも病気やケガが治りません。無理やり押さえつけて飲ませるのも方法ですが、一度嫌な思いをした猫は薬の袋を見ただけで逃げてしまい、ますます薬を飲ませるのが大変になってしまいます。

そこで今回は、嫌がる猫に薬を飲ませるコツをご紹介いたします。ぜひ参考にしてみてください。

基本的な薬の飲ませ方

病院で処方される飲み薬は大きく分けて4つ。「錠剤」「液体」「粉末」「カプセル」です。まずはそれぞれの基本的な薬の飲ませ方を確認してみてみましょう。

錠剤・カプセルの飲ませ方

猫への錠剤の飲ませ方

まずは利き手に薬を親指と人差し指につまんで持ちます。

利き手と反対側の手で猫の口が上を向くように、首を上に持ち上げます。コツは目の真横の頬骨を持って、後ろにグイッと引くように上げるのがポイントです(下記の画像を参照)。

猫に薬を飲ませるとき

首が上に向いたら薬を持ったままフリーな中指を使い、猫の前歯に指をかけ口を開けます。口が開いたら薬を喉の奥へ落としてください。舌の手前に薬を置いてしまうと、苦みを感じて吐き出してしまうことがあるので注意してくださいね。

液体の飲ませ方

液体薬の飲ませ方

液体の薬はスポイトや注射器を使って飲ませます。スポイトや注射器は完全に手の中で握って持ってください。

犬歯の後ろに注射器、スポイトを入れてゆっくりと薬を押し出して注入します(犬歯の場所は下記の画像を参照)。

猫の犬歯

おとなしい猫であれば一人で薬を飲ませることも可能ですが、確実に飲ませるために誰か一人が抑えて、もう一人が薬を飲ませるようにしてみてください。

また、暴れて逃げてしまうと捕まえるのも一苦労。そのためできるだけ狭い場所で薬を飲ませると、逃げたときに捕まえやすいです。

苦手な薬を飲ませる工夫をしよう

猫

猫がスムーズに薬を飲んでくれればよいのですが、暴れて口すら開けさせてくれないこともあるはず。そんなときは他の方法で薬を飲ませてみてください。

ごはんに混ぜる

粉薬の場合、ウエットタイプのご飯に混ぜて与えることができます。無理やり猫を押させる必要が無いため、比較的すんなりと薬を与えることができる方法です。しかし気を付けなければならないのが、ごはんを残してしまったとき。

決められた分量の薬を飲まなければ病気も良くなりません。そこでご飯に混ぜるときは、ウエットタイプのエサを少量にまぜて完食するようにしてください。我が家でも以前、粉の薬を与えるのにウエットタイプのエサに混ぜて与えていました。

スープタイプのフードに混ぜると粉薬も混ざりやすく、猫も食べてくれるのでおすすめです。

好物に包んであげる

錠剤のお薬なら好物に包んであげるのも方法です。チーズやささみ、ハムなどに薬を混ぜることで、味と見た目をごまかすことができます。ただし人間用の食べ物は猫にとっては塩分が多いため、与えるのは少量にしてください。

またペットに薬を飲ませる専用のおやつも販売されています(商品名:ピルポケット)。お値段はおやつにしては少し高めですが、確実に飲んでもらえるなら試してみる価値はあります。

薬を飲んだらご褒美をあげる

きちんと薬を飲めたら、ご褒美をあげてみてください。「ちゃんとお薬飲めたね」と褒めながらご褒美をあげることで、薬=ご褒美に結びつくはずです。何度かご褒美を与えると、次からはすんなりと飲んでくれるケースもあります。

日頃から口を触っても大丈夫にしておく

今は薬を飲ませる必要が無くても、病気やケガで今後薬を飲まなければならないことあるはずです。日頃から猫の口を触っても大丈夫なように慣らしておきましょう。慣らしておけば、いざというときにスムーズに薬を飲ませることができるようになります。

口を触るのは、できるだけ猫がリラックスしているときがおすすめです。猫の口を開ける練習をしておけば、薬のときだけでなく歯の状態をチェックするときにも役立ちます。

どうしても飲んでくれないときは

獣医

いろいろ試してみたけれどもどうしても薬を吐き出してしまうというときは、病院に相談して薬の種類を変えてもらいましょう。

薬によっては食べ物に混ぜると味が変わってしまうこともあるため、必ずしも食事に混ぜると上手くいくとは限りません。

さらに抗生物質など、決まった量を決まった日数きちんと飲まなければならない薬もあります。

うちの猫も以前抗生物質が処方されましたが、先生から「飲み残しがあると効果が無いので、粉薬ではなく注射で投与しましょう」と急遽飲み薬から注射に変わったことがありました。薬を飲ませることに不安があるときは病院で相談してみてください。

まとめ

猫に薬を飲ませるのは本当に苦労しますよね。私たちは薬で病気が良くなると分かっていますが、猫にとって薬は「苦いものを無理やり口に入れられる嫌な物」としか思っていないのです。

おとなしい猫であれば基本的な薬の飲ませ方でも大丈夫でしょうが、暴れて口を開けてくれないときは、できるだけ薬の苦さを感じさせないように与えてみてください。

また、日ごろから猫とのスキンシップで顔や口を触って慣らしておくと、スムーズに薬を飲ませることができるはずですよ。

記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

安全でおすすめのキャットフードランキング

キャットフードランキング
愛猫が健康で長生きをするために、安全でおいしいキャットフードをランキング形式で紹介中。